かもじぐさ(髢草)

カモジグサ(学名:Elymus tsukushiensis var. transiens)はイネ科エゾムギ属 (カモジグサ属)の多年草。草丈は50〜100cm。原産地は日本、朝鮮、中国、ロシア 。北海道〜沖縄の路傍や原野に生育する。茎は直立・叢生し基部は屈曲する。葉は白緑色で、長さ15〜25cm、幅5〜10mm。花期は5~7月。花序は弓なりに曲がり、長さ15~25㎝の穂状。小穂は白緑色でやや紫色を帯び、長さ14~17mm、小花5~8個をもつ。小花は長さ9.5〜11mm。包穎は披針形、第1苞穎は長さ約5㎜、第2苞穎は長さ約8㎜。護頴(外花頴)は無毛、先が芒(のぎ)になり、芒の長さ2~3㎝、普通、赤褐色。護穎と内穎(内花頴)の長さはほぼ同長のため護頴を内頴側から見ると芒しか見えない。果実は倒披針形、淡黄色・無光沢、腹面はくぼみ長さ約5㎜。よく似たものにアオカモジグサ(青髢草、学名:Elymus racemifer)は護頴に毛があり、護頴より内頴の長さが短い。まれに護頴に毛のないものもあるが、護頴の毛も見分けるポイントとなる。別名。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント