こおにたびらこ(小鬼田平子)

koonitabirako!_Sakasedai6choume(20200322)IMG_6267_s.JPG


コオニタビラコ(学名:Lapsana apogonoides)はキク科 ヤブタビラコ属の越年草 。草丈は5~25cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。本州〜九州の水田に多い。根際から生える葉はロゼット状となり、地面を這って伸びる。 葉は羽状に裂け、先端の葉は亀甲状となる。花期は3~5月。花は花径1cmの小さな黄色い花(頭花)。舌状花の数は6~9枚で、先が5つに裂ける。 花は陽を受けて開く。花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。冠毛はない。若葉は食用になる。春の七草の1つ「仏の座」は本種のことである。別名タビラコ(田平子)、ホトケノザ(仏の座)。宝塚逆瀬台(2020/3/22)。

あきざきスノーフレーク(秋咲きSnowflake)

akizakisuno-fure-ku_Yf(20200430)_s.jpg


アキザキスノーフレーク(学名:Acis autumnalis、Leucojum autumnale)はヒガンバナ科アキス属の多年草。草丈は15~20cm。原産地は地中海沿岸(ヨーロッパ南西部、北アフリカ)。葉長は10~15cm。花期は8~10月。細い花茎を伸ばして、白色~淡ピンク色の花を下向きに咲かせる。花径は10mm。花茎が出た後、地際から線形の葉を叢生させる。5~8月頃、地上部は枯れて休眠する。名の由来は、スノーフレークに似て秋に花が咲くことから。別名アキス・オータムナリス(Acis autumnalis)。

ツルコザクラ(蔓小桜)

tsurukozakura_Sakasedai4kouen(20200408)IMG_6752_s.JPG


ツルコザクラ(学名:Saponaria ocymoides)はナデシコ科サボンソウ属の多年草(宿根草)。草丈は5~20cm。原産地はヨーロッパ。アルプス山脈の標高2300mまでの地帯に分布し、岩礫地に生える。よく枝分かれをし、匍匐して広がる。葉は細長い楕円形で、対生。葉の先は尖り、縁に鋸歯はない。花期は5~7月。シバザクラより少し遅れた頃に開花が始まり、花径1cmくらいの桃色の5弁花を株いっぱいに咲かせる。花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)。全草にサポニンを含み、石鹸がわりに使われる。成長が早く、よく分枝し広がるのでグランドカバーにも向いている。シャボン草とも呼ばれるサポナリア・オフィシナリスの仲間。別名ロックソープワート(rock soapwort)、サポナリア・オキモイデス(Saponaria ocymoides)。宝塚逆瀬台4丁目公園(2020/4/8)。



クロコスミア(Crocosmia)

kurokosumia_Sakasedai4kouen(2020408)IMG_6743_s.JPG


クロコスミア(学名:Crocosmia)はアヤメ科クロコスミア属(ヒメトウショウブ属)の球根植物の多年草。草丈は40~150cm。原産地は南アフリカ。草原や河川の流域などに自生する。日本へは明治時代中期に渡来。細長い剣状の葉が群生。花期は6~8月。葉の間から花茎を長く伸ばして花序を出し、花径3~5㎝程度の花を穂状に咲かせる。花は6枚の花被片を持ち、花被片の基部は合着して筒状となる。花は花序の下から上へと咲き進む。花色は赤、オレンジ、黄、複色。性質が強く、よくふえるので、野生化したものが各地で見られる。クロコスミア属には7種があり、最も一般的なのは、クロコスミア・オーレア(ヒオウギズイセン、Crocosmia aurea)とクロコスミア・ポトシー(Crocosmia pottsii)の交配種のクロコスミア・クロコスミイフロラ(ヒメヒオウギズイセン、学名:Crocosmia× crocosmiiflora)。品種も多く、その数は400以上ある。別名ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)、モントブレチア(Montbretia)。地下には球根(球茎)があり、地下茎を伸ばして、その先端に新しい球根が毎年1個ずつできてふえていく。これが3~4年分くらい枯れずに残るので、団子が連なっているように見える。冬は休眠する春植え球根。手がかからない丈夫な宿根草。緑化材料としても利用されている。宝塚逆瀬台4丁目公園(2020/4/8)。

クロコスミアの花
kurokosumia_Yf(20200417)Sketch_s.jpg