おおはんげ(大半夏)

画像


オオハンゲ(学名:Pinellia tripartita)はサトイモ科ハンゲ属の多年草。草丈は20~50㎝。原産地は日本。地下には径約3cmの球形の根茎があり褐色の繊維に包まれ上方に、ひげ根を輪生する。葉は根茎から20~30cmの柄を1~2本出して上部に大型の葉を1枚つける。葉は緑色で10~20cm、掌状に3深裂して葉片は広卵形、先端は尖り、水平に開き葉縁は波うつ。花期は5~7月。葉茎を1本高さ20~50cmに出してカラスビシャク(烏柄杓、学名:Pinellia ternata)に似た肉穂状花序の仏炎包をつける。緑色の仏炎包の中の下部には雌花、中部から出る中軸の基部には雄花を多数つけ、10~25cm長く伸びてむちのように立つ。花色は白。和名の由来はカラスビシャク(ハンゲ)に似て大型であることから。カラスビシャクとの違いは、オオハンゲは大型で、葉柄にムカゴが出来ない。葉が1枚の葉が3深裂する。カラスビシャクは小型、葉柄にムカゴができる。葉が3枚の小葉になっている。別名ー。慶沢園(2019/4/29)。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック