こくりゅう(黒竜)

画像


コクリュウ(学名:Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens')はユリ科ジャノヒゲ属(APGIIではスズラン科、APGIIIではクサスギカズラ科<キジカクシ科ともいう>)の耐寒性多年草。草丈は20~30㎝。原産地は日本。オオバジャノヒゲ(大葉蛇の鬚、学名:Ophiopogon planiscapus)の園芸品種。リュウノヒゲ(竜の髯、学名:Ophiopogon japonicus )の仲間なのでとても丈夫で扱い易い多年草。黒褐色の葉。花期は7~8月。薄紫色の可憐な花と黒く房状に付く実。別名オオバジャノヒゲ 'コクリュウ'(大葉蛇の鬚 '黒竜')、オフィオポゴン・ニグリカンス(Ophiopogon Nigrescens)。関西労災病院庭園(2018/11/16)。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック