すべりひゆ(滑りひゆ)

画像


スベリヒユ(学名::Portulaca oleracea)は、スベリヒユ科スベリヒユ属の一年草(多年草)。草丈は5~10cm。原産地は南アメリカ。日本全土の日当たり良好な畑などに自生する。農業において執拗な雑草として嫌われる。地域によっては食料として畑作もされる。茎は赤紫色を帯び、地を這って分枝。葉は長円形の肉質で互生。花期は7~9月。枝先に黄色の小さな花を咲かせる。朝早く咲き、午前中にしぼむ。果実は熟すと上部が取れる蓋果で、黒色の種子が落ちる。民間薬として、生の葉の汁を虫さされに、全草を煎じて利尿などに用いる。スベリヒユの名は茹でた際に出るぬめりに由来。別名-。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック