やまはっか(山薄荷)

画像


ヤマハッカ(学名:Isodon inflexus)はシソ科ヤマハッカ属の多年草。草丈は60~90cm。原産地は日本、中国、朝鮮半島。北海道~九州の山地に生える。茎は木質化した地下茎から直立し、稜に下向きの毛がある。葉は対生し、長さ3~6cm、幅2~4cmの広卵形で粗く丸みのある鋸歯、基部は細くなって葉柄の翼に続く。葉先は尾状に伸びない。花期は9~10月。枝先の長い花穂に青紫色の小さな唇形花を数個ずつ数段につける。花冠は長さ7~9mm。上唇は4裂して立ち上がり、濃い青紫色の線状の斑点がある。下唇は2裂して前方へつきだし、ふちは内側に巻く。雄しべ4個と雌しべは下唇の中に包まれる。萼はほぼ等しく5裂する。果実は4分果。白い花をつけるものは品種として、シロバナヤマハッカ(Isodon inflexus f. leucanthus)と名前がある。よく似たイヌヤマハッカは上唇に線状の斑点がない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック