アメリカてまりしもつけ(アメリカ手鞠下野)

画像


アメリカテマリシモツケ(学名:Physocarpus opulifolius)はバラ科テマリシモツケ属の落葉低木。高さは2~3m。原産地は北アメリカ北東部。よく分岐する。幹の樹皮が剥がれる性質を持っている。 葉は互生し、広卵形で3裂する。葉の縁には不揃いな鋸歯がある。春の新葉は黄金色で、やがて褐色に変わる。花期は5~6月。葉の展開した後に枝先に集散花序を出し、半球状に白や紅色の小さな花をたくさんつける。花序の様子はコデマリに似る。花弁と萼片は5枚ずつである。 果実は袋果で、赤く熟する。別名キンヨウシモツケ(金葉下野)、オウゴンコデマリ(黄金小手毬)、キンバコデマリ(金葉小手鞠)、キンバデマリ(金葉手鞠)。英名はNinebark。

補足:アメリカテマリシモツケの種類
・アメリカテマリシモツケ‘ルテウス’(学名:Physocarpus opulifolius ‘Luteus’)は、新芽は黄色で、だんだんと黄緑色に変化し、最後には緑色の葉になる。
・アメリカテマリシモツケ‘ダーツ・ゴールド’(学名:Physocarpus opulifolius ‘Dart’s Gold’) は、‘ルテウス’よりもコンパクトな樹形。新芽は鮮やかな黄色で、初夏まで残る。
・アメリカテマリシモツケ‘ディアボロ’(学名:Physocarpus opulifolius ‘Diabolo’)は、葉は赤ジソのような色で、新芽の時期から落葉するまで観賞できる。秋の紅葉期は赤みを増して濃いワインレッドに変化する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック