くろねこやなぎ(黒猫柳)

画像


クロネコヤナギ(学名:Salix gracilistyla var. melanostachys)はヤナギ科ヤナギ属の落葉低木。高さは1~3m。原産地は日本。ネコヤナギ(Salix gracilistyla)が突然変異したものだが、日本国内では園芸種として出回っている。全体に無毛で若い枝は濃い赤色をしている。葉の裏面にはほとんど毛がなく、縁の鋸歯はやや大きくて波状になる。花期は3~5月。雌雄異株だが雄株しか存在が確認されていない。雄花序の長さは2~3cmで、花穂全体が濃い暗紫色。赤い葯のついた花糸が伸び、葯が割れ黄色の花粉が露出する。生け花の花材によく用いられる。樹皮、細根を乾燥させたものを解熱や鎮痛に用いる。別名クロヤナギ(黒柳)。英名はBlack willow、Black pussy willow。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック