とうばな(塔花)

画像


トウバナ(学名:Clinopodium gracile)はシソ科トウバナ属の多年草。草丈は10~30cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。北海道~九州のやや湿性のある林縁や小道脇、田畑などに生育。茎は根元から束生。葉は対生し、卵形~広卵形で長さ1~3cmで浅い鋸歯があり、葉柄がある。花期は5~8月。枝先に小さな淡紅紫色の唇形花を数段に輪生する。花冠は長さ5~6mm、萼は唇形、長さ3~4mmでわずかに短毛が生える。小花柄の基部の小苞はごく小さい。果実は4分果、やや扁平な球形でやや平滑、長さ約0.6mm。名前の由来は、花が輪状に数段つく様子を塔に見立てた。草姿がイヌトウバナによく似るがイヌトウバナの花期は秋で葉の裏側に腺点がある。別名ー。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック