ままこな(飯子菜)

画像


ママコナ(学名:Melampyrum roseum var. japonicum)はハマウツボ科(ゴマノハグサ科)ママコナ属の一年草。草丈は20~50cm。原産地は日本、朝鮮半島。北海道~九州丘陵、山地の林縁や草原などに生育する半寄生植物。花軸や萼には白毛がやや密に生える。葉は長さ2~8cmの長卵形で、両端は尖り、0.3~1.5cmの柄があり、両面に短毛がある。花期は6~9月。枝先に長さ5~10cmの穂状花序を形成し、長さ1.4~1.8cmの赤紫色の花を咲かせる。花冠の下唇には2条の白色の斑紋がある。名の由来は、花の下唇上にある「2つの白いふくらみ」にあるとの説。花の盛りが過ぎると、米粒のように見える白い膨らみが濃い赤色に変わる。別名-。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック