ががいも(蘿摩、鏡芋)

画像


ガガイモ(学名:Metaplexis japonica)はキョウチクトウ科ガガイモ属のつる性多年草。草丈は2m。原産地は日本、中国、朝鮮半島。北海道~九州の野原などに生える。地下茎を長く伸ばして増え、茎を切ると白い乳液が出る。葉は対生し、長卵状心形で長さ5~10cm、先は尖り、全縁で裏面は帯白緑色。花期は8~9月。葉腋から長い花柄のある花序を出し、淡紅紫色の花を総状につける。花冠は直径約1cmで5裂し、内側には長い毛が密生する。裂片の先はそり返る。中心部にはずい柱があり、柱頭は長く花冠からつきでる。副花冠は環状でずい柱の基部を取り巻く。袋果は長さ8~10cm、幅約2cmの広披針形で、表面にはいぼ状の突起がある。種子は扁平な楕円形で翼がある。花冠が白色のものをシロバナガガイモ(白花蘿摩、学名:Metaplexis japonica form. albiflora)という。別名チチクサ(乳草)、クサワタ(草綿)。英名:Panicled tick trefoil。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック