やまじのぎく(山路野菊)

画像


ヤマジノギク(学名:Aster hispidus、Heteropappus hispidus)はキク科シオン属の越年草。草丈は30~100cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。本州東海地方以西、四国、九州の日当たりよい乾いた草地、崩壊地、岩山などに生える大型の野菊。普通2年草で、1年目はロゼットで過ごし、2年目に花をつけ実を結ぶと枯れる。根生葉(こんせいよう)は花時には枯れるが、倒披針形で、長さ7~13cm、基部はしだいに狭くなり、縁に内曲する鋸歯と毛がある。茎につく葉は倒披針形から線形、長さ5~7cm、基部はしだいに狭くなる。上部の葉は線形。花期は9~11月。花は茎上部から出た枝の先にゆるい散房状に頭花をつける。頭花は径3.5cm内外。舌状花は雌性花で白色、または淡紫色を帯びる。筒状花は黄色で両性花。筒状花は長さ5~7mm。総苞は長さ7~8mm、皿状に開出し、総苞片は2列、革質で同長、鋭尖頭。ノコンギクやヨメナに似ているが、頭花はひとまわり大きく、草丈も高くなることが多い。痩果は扁平な倒卵形、長さ2.5~3mm。舌状花の冠毛は白色で、長さ0.5mm。筒状花の冠毛は赤褐色を帯び、長さ3.5~4mm。別名アレノノギク(荒野野菊)。ハマベノギク(浜辺野菊、学名:Heteropappus hispidus subsp. arenarius )、ヤナギノギク(柳野菊、学名:Aster hispidus var. leptocladus)は近縁種。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック