はこねしだ(箱根羊歯)

画像


ハコネシダ(学名:Adiantum monochlamys)はホウライシダ科ホウライシダ属の常緑性シダ植物(多年草)。草丈は10~20cm。原産地は日本、中国、朝鮮。本州、四国、九州の山間部の岩の側面に生育する。3~4回羽状で、小葉は狭扇形。頂縁鋸歯があるが切れ込みはない。各小葉にソーラスが1個つく。葉柄は赤褐色で光沢がある。鋸歯がホウライシダより細かい。名前は江戸中期にKaempferが神奈川県箱根山で採集して報告したことによる。別名ハコネソウ(箱根草)、イチョウシノブ(銀杏忍)。奈良万葉植物園(2015/11/5)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック