こいわかがみ(小岩鏡)

画像


コイワカガミ(学名:Schizocodon soldanelloides f. alpinus)はイワウメ科イワカガミ属の多年草。草丈は5~10㎝。原産地は日本固有種。北海道から本州の中部地方の低山~高山の草地や岩場に生育。イワカガミ(岩鏡、学名:Schizocodon soldanelloides)の高山型とされている。葉には長い柄があり、根際から数枚が生える。 葉は直径2cmくらいの卵円形で、先は丸いかややへこむ。 葉の質は革質で、表面には光沢がある。花期は6~7月。茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、1~5輪の花を下から横向きにつける。イワカガミは全体に大きく、花の数が3から10個と多い。 花の色は淡い紅色から白まで変異がある。 花冠は鐘状で先が5つに裂け、その先が更に細かく裂けている。 雄しべは5本で、真ん中に紅色の雌しべの柱頭が1本ある。花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。別名-。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック