ふうらん(風蘭)

画像


フウラン(学名:Neofinetia falcata)はラン科フウラン属の常緑多年草。草丈は10~20cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国南部。関東地方南部以西に生息。細い気根をだし、樹木などに着生する。葉は厚くてかたく、長さ5~10cmの広線形で弓形に湾曲する。葉の基部に関節があり、冬を越した葉は関節から落ちるため、茎は古い葉鞘におおわれている。花期は6~7月。花は葉のわきから伸びた花茎に白かピンク色の花数輪が短い穂になってつき、甘い香りがあり、特に夜に強く香る。距(きょ)と呼ばれる、花の後ろに突き出した部分が長いのが特徴。江戸時代から愛好される伝統園芸植物のひとつ。別名フウキラン(富貴蘭)。西宮市夙川(2016/6/24)。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック