みやこあざみ(都薊)

画像

ミヤコアザミ(学名:Saussurea maximowiczii)はキク科トウヒレン属の多年草。草丈は50~150cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。福島県以南の本州から九州にかけての山地の草原や湿地に生える。葉は長めの楕円形で、互生し、上部へいくほど小さくなる。上部の葉は切れ込みがなく、下部の葉は切れ込む。また、茎に付く葉は柄がなくやや茎を抱く。花期は9~10月。淡紅紫色の花(頭花)を上向きにつける。名の由来は、薊(アザミ)に似て上品な花の姿を都人にたとえたもの。別名-。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック