かんすげ(寒菅)

画像


カンスゲ(学名:Carex morrowii)はカヤツリグサ科スゲ属の多年草。草丈は30~50㎝。原産地は日本固有種。北海道、本州、四国、九州の冷温帯のブナ林樹林下、林縁に生育する。根茎は広がらず、叢生し、匐枝は出さない。基部の鞘は光沢のない黒紫色。葉は硬く、幅は4~7mmで、断面はゆるやかなV字型あるいは凹型。葉縁の小刺は鋭い。花期は4~5月。雄性の頂小穂は長さ3~4㎝、赤褐色。雌性の側小穂は長さ1.5~3.5㎝、幅約6㎜。果胞は長さ3~3.5㎜、嘴が長く、口部が鋭い2歯の特徴がある。果胞は熟すと膨れ、嘴が外曲する。一般に、スゲは冬には枯れてしまうが、冬にも枯れないのでカンスゲ(寒菅)の名がある。別名-。英名はMarrow's sedge、Japanese sedge。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック