おおやまざくら(大山桜)

画像


オオヤマザクラ(学名:Prunus sargentii)はバラ科サクラ属の落葉高木。高さは5~15m。原産地は日本。北海道から四国に分布。北海道から東北地方に多く生育。樹皮は紫褐色で艶がある。葉は楕円形で、互生。葉の縁には鋭い重鋸歯がある。葉の両面や葉の柄に毛は生えない。葉の裏面は白みを帯びる。花期は4~5月。葉の展開と同時に花を咲かせる。花径は3~5cmの大輪で、花の色は淡い紅色。ヤマザクラ(山桜、学名:Cerasus jamasakura)に比べて花が大きく、花の色も濃い。 一重咲きで、花びらの数は5枚で、花びらの形は楕円形。 一総につく花の数は2、3輪。花の香りはない。実は核果。別名エゾヤマザクラ(蝦夷山桜)、ベニヤマザクラ(紅山桜)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック