アマリリス(Amaryllis)

画像


アマリリス(学名:Hippeastrum x hybridum)はヒガンバナ科ヒッペアストルム属の多年草。草丈は40~60cm。原産地は中南米、ヨーロッパで改良。茎は中空。根際から生える葉は披針形。花期は5~6月。茎先に花径が20cmもある大輪で、花被片は6枚、花の色は、濃い紅色やピンク、白など。絞り、覆輪のものもあり、八重咲きや斑入りの葉のものもある。別名ナイトスターリリー(Knight’s star lily)、バーバドスリリー(Barbados lily )、ヒッペアストルム(Hippeastrum)、キンサンジコ(金山慈姑)、ジャガタラズイセン(咬吧水仙)、ベニスジサンジコ(紅筋山慈姑)、ネイキッドレディ(Naked lady)。俳句では夏の季語。原種系(アマリリス属)のものはアマリリス・ベラドンナ(学名:Amaryllis belladonna)と呼ばれ、原産地は南アフリカである。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック