やなぎたで(柳蓼)

画像


ヤナギタデ(学名:Persicaria hydropiper)はタデ科イヌタデ属の一年草。草丈は40~60cm。原産地は北半球全般。北海道~沖縄の水湿地に生える。葉は披針形、基部はくさび形、長さ5~10cm。花期は9~10月。花はまばらな穂状につく。花被は淡紅色で腺点が多く、4~5裂し、長さ3~3.5mm。ヤナギタデは全草が辛く、川魚などの香辛料として使われてきた。葉は細長く、その形をヤナギの葉に例えたのが和名となった。別名ホンタデ(本蓼)、マタデ(真蓼)。奈良万葉植物園(2016/9/2)。

画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック