夢彩人_樹木・草

アクセスカウンタ

zoom RSS おおばなおけら(大花朮)

<<   作成日時 : 2016/07/07 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


オオバナオケラ(学名:Atractylodes macrocephala)はキク科オケラ属の多年草。草丈は30〜80cm。原産地は中国。山地の斜面、低木林の林内などに生える。葉は倒卵形で互生、縁には刺状の鋸歯がある。花期は9〜10月。管状花は紅紫色から紫色をした花をつける。オケラ に比べて頭花が大きい。オオバナオケラとオケラの根茎に由来するものがビャクジュツ(白朮)で、各々唐白朮、和白朮と呼ばれ、何れも特異な香気が強く苦味がある。別名ビャクジュツ(白朮)。西宮市北山緑化植物園(2016/7/2)。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おおばなおけら(大花朮) 夢彩人_樹木・草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる