たかねえびね(高嶺海老根)

画像


タカネエビネ(学名:Calanthe discolor var. bicolor、Calanthe x bicolor)はラン科エビネ属の多年草。草丈は:30~50cm。原産地は日本。本州の紀伊半島から九州にかけての山地の林の中に生育。根際から生える葉は長楕円形で、2~3枚つく。葉脈は平行脈で、葉の先は尖る。花期は4~5月。花茎に総状花序を出して多数の花をつけ、下のほうから咲いていく。1つの花の花径は2~3cm。萼片は3枚で、上萼片1枚と側萼片2枚からなる。側花弁は2枚あり、下部に唇弁が伸びる。唇弁は3つに裂ける。唇弁のつけ根には距がある。花の色は白、黄、紫など変化が多い。別名ソノエビネ(園海老根)。西宮市北山緑化植物園(2016/4/29)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック