きりしまえびね(霧島海老根)

画像


キリシマエビネ(学名:Calanthe aristulifera)はラン科エビネ属の多年草。草丈は20~40cm。原産地は日本。本州の近畿地方から九州の:山地の林の中に生育。葉は15~30cmくらいの長楕円形で、根際に2~3枚がつく。葉はエビネ(海老根)よりも細い。花期は4~5月。茎先から総状花序を出し、白い小さな花を10~15輪垂れ気味につける。花の色は淡い紅色を帯びるものもある。唇弁は扇状の三角形で、先は3つに裂ける。真ん中の裂片と脇の裂片は、先が浅く裂ける。実はさく果。環境省のレッドリスト(2007)では、絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。別名-。西宮市北山緑化植物園(2016/4/29)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック