カマシア・ライヒトリニー(Camassia leichtlinii)

画像


カマシア・ライヒトリニー(学名:Camassia leichtlinii)はユリ科(APGIIIではクサスギカズラ科、キジカクシ科)ヒナユリ属(カマシア属)の多年草。草丈は50~120cm。原産地は北アメリカ。根際から生える葉は剣状でつけ根の部分は狭く、直立をする。花期は3~5月。茎先に総状花序を出し、淡い青色や白色、紫色などの花を多数つける。花被片は6枚で、星形に開く。実はさく果。別名オオヒナユリ(大雛百合)。西宮市北山緑化植物園(2016/4/20)カマシア・ライヒトリニー・カエルレア。カエルレア(Caerulea)はカマシア・ライヒトリニーの園芸品種で青色の濃い選抜品種。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック