はごろもきんぽうげ(羽衣金鳳花)

画像


ハゴロモキンポウゲ(学名:Ranunculus calandrinioides)はキンポウゲ科キンポウゲ属の耐寒性多年草。 葉はやや肉質で細長いやや灰色がかった青緑色。草丈は10~30cm。原産地は北アフリカ(モロッコ~チュニジア)。アトラス山脈に自生する高山性の植物。葉は長い葉柄を持った箙(えびら)形で、葉縁は緩やかな波状となる。花期は12~3月。花はややくすんだ白から淡桃色の5枚花弁の花を咲かせる。花径は2.5~3cm。別名ラナンキュラス・カランドリニオイデス(Ranunculus calandrinioides)。京都府立植物園(2016/3/3)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック