みかえりそう(見返草)

画像


ミカエリソウ(学名:Leucosceptrum stellipilum)はシソ科テンニンソウ属の落葉低木。高さは50~100cm。原産地は。:本州の中部地方から中国地方にかけての山地の林の中に生育。茎が木化するシソ科唯一の木本。葉は長めの楕円形で、対生。 葉の縁には粗い鋸歯がある。葉先は鋭尖頭。花期は9~10月。先端に長さ7~15cmの総状花序を直立して出し、筒状のくちびる形の薄紅色をした花が3個ずつ対生して密につく。下から上へと咲き上がる。上唇はあさく2裂、下唇はやや長く先は3裂する。実は分果で、4つのブロックからなる。名の由来は、花がきれいでみんな振り返って見ることによる 。別名イトカケソウ(糸掛草)。 京都府立植物園(2014/10/6)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック