あかばなゆうげしょう(赤花夕化粧)

画像


アカバナユウゲショウ(学名:Oenothera rosea)はアカバナ科マツヨイグサ属の多年草。草丈は20~60cm。原産地は北アメリカ南部から南アメリカ。日本へは明治時代に観賞用として渡来。現在は野生化し、本州の関東地方から西の日当たりのよい道端や空き地、川原に生育。茎には柔らかい毛が生える。葉は互生し、長さは3~5cmの広い披針形で葉先は三角形状。葉の周りには浅い鋸歯があり、波打っている。根際から生える葉には不規則な切れ込みが入ることもある。花期は5~9月。茎の上部の葉の脇に淡紅色の花を斜め上向きにつける。花径は10~15mmくらいで、花びらは4枚で 花びらの先は丸くなっている。花びらには濃い紅色の筋が入り、中心部は黄緑色である。雄しべは8本あり、花粉のある葯の部分は白い。 雌しべの先端は紅色で4つに裂け、十字状になる。花の後にできる実はさく果。和名の由来は、午後遅くに開花して、艶っぽい花色を持つことからとされるが、実際には昼間でも開花した花も見られる。オシロイバナの通称と紛らわしいので、アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)と呼ぶ。別名ユウゲショウ(夕化粧)。ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草、学名:Oenothera speciosa)の花に少し似ていますが、花の大きさが二回りほど小さく、また、ヒルザキツキミソウの花は上向きに咲き花色も淡いピンク色であることで区別できる。西宮市夙川(2011/5/9)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック