おもだか(面高、沢瀉)

画像


オモダカ(学名:Sagittaria trifolia)はオモダカ科オモダカ属の多年草。草丈は:20~120cm。原産地は中国。北海道~沖縄の湖沼やため池、水路、水田などに生育する抽水~湿生植物。特徴のある矢じり型の葉は最初、線形だが、成長に伴い狭長楕円形の葉を経て、先端が尖って矢じり型の葉身となる。葉身の頂裂片は挟三角形~卵形。葉には長い柄がある。花期は6~10月。雌雄同株。花茎は長さ20~100cmであるが、葉の上部より高くなることはない。 花径2cmくらいの白い3弁の単性花をつける。茎の上部につくのが雄花で、下部につくのが雌花である。それぞれ3枚の花びらの真ん中に黄色い雄しべ、黄緑色の雌しべがつく。実は長さ3~6mmの扁平なそう果で、広い翼がある。秋には葉の基部から数本~多数の走出枝を伸ばし、先端に塊茎を形成して越冬する。塊茎は食用になる。おせち料理に使うクワイ(慈姑、学名:Sagittaria trifolia 'Caerulea')はオモダカの栽培変種である。戦国時代にはオモダカは「勝ち草」と呼ばれ、多くの武将が沢瀉紋を家紋として用い、豊臣秀吉や毛利元就も沢瀉紋を使ったという。別名ハナグワイ(花慈茹)、サンカクグサ(三角草)、イモグサ(芋草)、オトゲナシ(頤無)、カチグサ(勝ち草)、アローヘッド(Arrowhead)。奈良万葉植物園(2015/11/5)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック