しまもくせい(島木犀)

画像


シマモクセイ(学名:Osmanthus insularis)はモクセイ科モクセイ属の常緑高木。高さは10~15m。原産地は日本、台湾、朝鮮半島。日本では本州(福井県以西、八丈島、小笠原)、四国、九州、琉球の主として亜熱帯、暖帯域に分布する。樹皮は灰色で全体無毛。葉は対生し、長さ7~11cmの狭長楕円形でやや薄い革質。花期は10月頃。雌雄異株。葉腋に直径5~6mmの白い小さな花を束生する。花冠は純白で4深裂する。果実は楕円形で翌年の初夏に黒碧色に熟する。材が堅い。別名ナタオレノキ(鉈折木)、サツマモクセイ(薩摩木犀)。京都府立植物園(2015/10/10)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック