めどはぎ(筮萩、蓍萩)

画像


メドハギ(学名:Lespedeza cuneata、Lespedeza juncea var. subsessilis)はマメ科ハギ属の多年草。草丈は60~100cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国。日本全土の日当たりのよい草地や道ばたに生える。葉は3出複葉で、互生。 小葉の形は細長い楕円形。 頂小葉が他の2枚の小葉よりも大きい。花期は8~10月。葉の脇に長さ6mmくらいの蝶形の花を数個ずつつける。 花の色は淡い黄白色で、真ん中に紫色の斑が入る。豆果は扁平な円形または広楕円形。中には種子が1個入り、熟しても裂けない。和名は「めどぎはぎ」の略で、占いの一種である筮竹(ぜいちく)を「めどぎ」といい、これの代用に利用したためという。別名メドグサ(蓍草)、メドギ(蓍木)、メド(蓍)。京都府立植物園(2015/10/10)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック