おにやぶそてつ(鬼藪蘇鉄)

画像


オニヤブソテツ(学名:Cyrtomium falcatum)はオシダ科ヤブソテツ属の常緑多年草。草丈は50~100㎝。原産地は日本、中国、インド。北海道~九州の海岸、低地の陽のあたる場所に生える。葉柄基部に卵状、褐色~黒褐色の鱗片がつく。葉は単羽状複葉で、頂羽片がある。側羽片は卵状長楕円形の鎌状で8~15対つき、基部は円形で耳垂突出はなく、辺縁は全縁で多少波打つ。先端は尾状にのびて辺縁は全縁。ソーラスは円形で、包膜は灰白色で中心部は黒色になる。別名オニシダ(鬼羊歯)。板橋区立赤塚植物園(2015/9/28)。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック