ツンベルギア・マイソレンシス(Thunbergia mysorensis)

画像


ツンベルギア・マイソレンシス(学名:Thunbergia mysorensis)はキツネノマゴ科ツンベルギア属(ヤハズカズラ属)の非耐寒性常緑つる性多年草または低木。高さは10mにもなる。原産地はインドの南部。葉は披針形で対生。基部は木質化する。花期は3~8月。長さが1mくらいの総状花序を垂れ下げる。花径は4~5㎝で、花筒の内部は濃い黄色で花冠を包む苞は鮮やかな赤褐色をしていている。花は上から下に咲いていく。花冠の裂片が反り返るので、花は縦長に見える。花の後にできる実はさく果。別名マイソルヤハズカズラ(マイソル矢筈葛)。京都府立植物園温室(2015/6/23)。

画像


画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック