なつのたむらそう(夏の田村草)

画像


ナツノタムラソウ(学名:Salvia lutescens var. intermedia)はシソ科 アキギリ属の多年草。草丈は20~70㎝。原産地は日本固有種。神奈川県、東海地方、近畿地方の林内、林縁に生育。茎は直立し、断面が四角形、無毛又は軟毛が生える。葉は対生し、1~2回(稀に3回)羽状複葉。小葉は卵形~楕円状卵形~披針形、先が鋭頭、縁は鈍鋸歯。葉柄は長さ3~7㎝。花期は6~8月。花茎の先に長さ10~20㎝の穂状の花序を伸ばし、花をまばらに輪生する。花冠は長さ8~10㎜青紫色、外面に短毛がある。萼は花時に長さ3~4㎜の鐘形、先は2唇形。萼は果時には大きくなり、長さ約6㎜になる。果実は4分果。ナツノタムラソウはアキノタムラソウの仲間で、ちょっと早めに咲く傾向があるので、名前にナツ(夏)とつけられた。アキノタムラソウと比べ、濃いの紫色をしている。別名-。京都府立植物園(2015/7/31)。

画像
  

ウスギナツノタムラソウ(薄黄夏の田村草、学名:Salvia lutescens var. lutescens) はナツノタムラソウの母種、花が淡黄色。
ミヤマナツノタムラソウ(深山田村草、学名:Salvia lutescens var. crenata、別名ケナツノタムラソウ(毛夏の田村草))は本州の埼玉県、神奈川県、山梨県。長野県、岐阜県、福井県に分布し、頂小葉が広卵形~円形、鈍頭~円頭。花穂軸や萼に白軟毛が密生し、腺毛が混じることが多い。ただし、ナツノタムラソウと中間的なものも見られる。
シマジタムラソウ(島路田村草、学名:Salvia isensis)は本州の岐阜県、愛知県、三重県に分布し、小葉が卵形、先が鈍頭、鈍鋸歯。花は淡青紫色。
アキノタムラソウ(秋の田村草、学名:Salvia japonica)は雄しべが上唇に沿い、下向きに先が曲がる。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック