きぬたそう(砧草)

画像


キヌタソウ(学名:Galium kinuta)はアカネ科ヤエムグラ属の多年草。草丈は30~80cm。原産地は日本、中国。本州から九州にかけての山地の林の縁や草地に生える。茎の断面は四角形で、無毛。葉は4枚が輪生し、長さ3~5㎝の卵状披針形、3脈が目立ち、葉先が長く尖り、柄はない。花期は7~9月。茎頂の円錐状の集散花序に小さな花を多数つける。花冠は直径約2~3mm、白色、4裂し、裂片の先が細く尖る。雄しべ4個。花の後にできる実は小さな球形の分果。和名の由来は果実の形が布をたたいて柔らかくする木づちの砧(きぬた)に似ていることから。別名-。京都府立植物園(2015/7/31)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック