すずらんのき(鈴蘭の木)

画像


スズランノキ(学名:Oxydendrem arboreum、Andromeda arborea、Lyonia arborea)はツツジ科オクシデンドルム属の落葉高木。高さは5~20m。原産地は北米。葉は長さ20cmほどの長楕円状披針形で細鋸歯がある。クリスマスツリーのような樹形。ニシキギ、ニッサに並ぶ世界三大紅葉樹のひとつ。花期は7~8月。白い鐘形の花を25cmくらいの円錐花序に着ける。甘い香りがする。別名オキシデンドラム・アーボレウム(Oxydendrum arboreum)。スズランノキの名称は通称で、スズランノキという正式な和名を持つのはゼノビア・プルベルレンタ (学名:Zenobia pulverulenta)のツツジ科ゼノビア属の耐寒性の落葉~半落葉低木、高さは高は1~1.5mくらい、花期は4~5月、甘い香りを漂わせ、スズランにはよく似ている。長居公園(2015/7/11)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック