むらさきやしおつつじ(紫八汐躑躅、紫八塩躑躅)

画像


ムラサキヤシオツツジ(学名:Rhododendron albrechtii)はツツジ科ツツジ属の落葉低木。高さは1~3m。原産地は日本。北海道、本州の東北地方および中部地方の日本海側の山地から亜高山の林縁や疎林内などに生育する。葉は枝先に輪生状に互生し、葉柄は長さ1~3mmになり、淡褐色の長毛が密生する。葉身は長さ5~10cmの倒卵形または楕円形で、先はとがり先端に腺状突起があり、基部はくさび形で葉柄に流れる。葉の表面には微毛が生え、裏面の葉脈の下部に開出する白毛がやや密生する。花期は4~6月。葉の展開と同時か先に開花し、枝先の1個の花芽に1~4個の花をつける。花柄は長さ5~15mmになり、長毛と腺毛が密生する。花冠は鮮紅紫色で、径4cmの広漏斗形で5深裂し、花冠の上側内面に濃色の斑点がある。雄蘂は10本で、うち上部の5本は短く、花糸に白色の短毛が生え、下部の5本は長く花冠の外側に伸び、無毛。花柱は無毛で子房には腺毛が密生する。果実は蒴果で長さ8~10mmの長卵形。名は数回紫色の染汁に漬けて染め上げたツツジの意味。別名ミヤマツツジ(深山躑躅)、ムラサキヤシオ(紫八汐)。尾瀬(2015/6/17)。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック