こばいけいそう(小梅蕙草)

画像


コバイケイソウ(学名:Veratrum stamineum)はユリ科(APG植物分類体系ではメランチウム科)シュロソウ属の多年草。草丈は50~150cm。原産地は日本固有種。北海道~本州の中部地方の亜高山や高山の湿った草地や湿原に生育。:葉は幅の広い楕円形で、互生。 葉脈は平行脈で、鋸歯はない。花期は6~8月。茎先に太い円錐花序を出し、白い花を多数つける。 真ん中の長い花穂には両性花がつく。 脇に枝分かれしてつく花穂には雄花がつく。 花被片は長卵形で、6枚ある。 雄しべは6本で花被片より長く、葯は黒紫色である。花を咲かせるに十分な養分を必要とし、数年に一度しか咲かない。花の後にできる実はさく果。根茎にアルカロイドを含み、有毒である。若芽は山菜のオオバギボウシやノカンゾウの若芽に似ており、誤食による食中毒に注意が必要。和名は、花が梅に、葉が中国産の蕙蘭に似ており、バイケイソウ(梅蕙草)より小振りなことからきている。 尾瀬(2015/6/17)。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック