ときわはぜ(常盤爆)

画像


トキワハゼ(学名:Mazus pumilus)はゴマノハグサ科(サギゴケ科)サギゴケ属の一年草。草丈は5~20cm。原産地は日本、朝鮮半島、中国、東南アジア、インド。日本全土の道ばたや畑などに多く見られる。葉は根もとのものは長さ2~5cmと大きく、茎の上部では小さい。花期は4~11月。花は長さ約1cm。上唇は紫色、下唇はわずかに紫色を帯びた白色で、黄色と赤褐色の斑紋がある。ムラサキサギゴケに似ているが、やや乾いたところにも生え、匐枝はださない。別名ナツハゼ(夏爆)。宝塚市逆瀬台(2015/4/2)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック