やえべにしだれ(八重紅枝垂)

画像


ヤエベニシダレ(学名:Cerasus spachiana 'Pleno-rosea'、 Prunus pendula 'Plena Rosea' )はバラ科サクラ属の落葉高木。高さは5~20km。原産地は日本、中国。エドヒガン(江戸彼岸)の栽培品種。花期は4月中旬。淡紅色の八重咲きの花を枝垂れて咲かせる。花弁数は15~25枚。花色が濃く八重咲きの美しい枝垂れ桜で、明治時代に元仙台市長、遠藤庸治が京都の平安神宮に献上したこともあるといわれている。別名エンドウザクラ(遠藤桜)、センダイヤエシダレ(仙台八重枝垂)、センダイコザクラ(仙台小桜)、ヘイアンベニシダレ(平安紅枝垂)。同属には、一重咲きで花色が濃い ベニシダレ(紅枝垂れ、学名:Prunus pendula 'Rosea')や、一重咲きで花色が薄い シダレザクラ(枝垂桜、学名:Prunus pendula) がある。京都府立植物園(2015/4/22)。

画像


西宮市北山緑化植物園(2016/4/11)
画像


画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック