クレマチス・アルマンディー(Clematis armandii)

画像


クレマチス・アルマンディー (学名:Clematis armandii)はキンポウゲ科センニンソウ属の常緑蔓性木本(つる性の多年草)。高さは蔓性で5~6m。原産地は中国。林縁や川沿いに生え、近くにある潅木や樹木をよじ登る。葉は3出複葉で、小葉は狭披針形で革質で、長さは10cm程度。花期は4~6月。前年枝の葉腋に円錐花序をだし、径3~5cm程度の白色から淡いピンク色の花を咲かせる。花には4~5個の萼片があり、芳香を漂わせる。現在日本で出回っているもののほとんどがこの園芸品種のアップルブロッサム(学名:Clematis armandii cv. Apple Blossom)になる。英名はArmand's clematis。京都府立植物園(2015/4/22)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック