えぞのこんぎく(蝦夷野紺菊)

画像


エゾノコンギク(学名:Aster ageratoides subsp. ovatus var. yezoensis)はキク科シオン属の多年草。草丈は50~120cm。原産地は日本。北海道の低地や山地の明るい草原に生育。ノコンギク(Aster ageratoides subsp. ovatus)の北方型変種。葉は細長い楕円形で、互生。 葉は茎の上部にいくに連れて小さくなる。 葉の縁には少し鋸歯がある。 葉は両面ともに短い毛が生え、触るとざらざらしている。 基本種と比べると、葉の中心から下半分が急に細くなるのが特徴。花期は8~10月。茎の上部で枝分かれをしてたくさんの直径2~2.5cmの頭花をつける。 頭花の真ん中は黄色い筒状花で構成され、その周りに淡い紫色の舌状花がつく。舌状花は白色もある。 舌状花の数は20枚以下で、少し空いた感じがする。花の後にできる実はそう果。名は北海道に産するノコンギクという意味から名付けられました。帰化植物のユウゼンギクやネバリノギクに良く似ているが、茎や葉に粗い毛が生えていること、葉脈が目立つこと、葉の縁に鋸歯があること、葉は茎を抱かないこと、花弁の数も他の二種より少なく、粗いことなどで見分けることが出来る。京都府立植物園(2014/11/4)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック