ふゆさんご(冬珊瑚)

画像


フユサンゴ(学名:Solanum pseudocapsicum)はナス科ナス属の半耐寒性常緑低木。高さは50~100cm。原産地は南アメリカ。日本へは明治時代に渡来。葉は細長い楕円形で、互生。花期は6~9月。目立たない白い花を下向きにつける。 花冠は鐘状で、先が5つに裂ける。 真ん中に橙色の雄しべがある。花の後につく液果は10~12月、青い実、橙色の実、赤い実と微妙に色合いを変化させる。果実は有毒とされて食用にはできないが、冬までの長い期間にわたって観賞できる。別名タマサンゴ(玉珊瑚)、クリスマスチェリー(Christmas cherry)、エルサレムチェリー(Jerusalem cherry)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック