こまちぎく(小町菊)

画像


コマチギク(学名:Aster microcephalus var. ovatus f. humilis)はキク科シオン属(アスター属)の多年草。草丈は15~20cm。原産地は日本(ノコンギク)。コマチギクはノコンギク(野紺菊、学名:Aster microcephalus var. ovatus)の栽培品種。背丈が低く、葉の質が分厚い。葉は長めの楕円形で、互生。葉の縁には疎らな鋸歯がある。花期は8~11月。茎先に白ないし淡い紫色の頭花をつける。花の後にできる実はそう果。品種名の humilis は「背が低い」という意味である。京都府立植物園(2014/11/7)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック