きくたにぎく(菊渓菊、菊谷菊)

画像


キクタニギク(学名:Chrysanthemum seticuspe f. boreale、Chrysanthemum boreale)はキク科キク属の多年草。草丈は100~150cm。原産地は日本、朝鮮、中国。本州~九州の縁、山地の崖などに生える。葉は互生し、長さ5~7㎝の長卵形で5深裂する。両面に細い毛があり光沢がない。花期は10~11月。茎の上部で枝分かれし多数の頭花をつける。頭花は直径1.2~1.5cmほどで黄色い舌状花と筒状花からなる。そう果には冠毛がない。別名アワコガネギク(泡黄金菊)。京都府立植物園(2014/11/4)。

画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック