いぬしょうま(犬升麻)

画像


イヌショウマ(学名:Cimicifuga japonica)はキンポウゲ科サラシナショウマ属の多年草。草丈は:40~90cm。原産地は日本。本州の関東地方から近畿地方の:山地の林の縁や林の中に生育。葉は2回3出複葉。卵形をした小葉は手のひら状に裂け、縁に不揃いの鋸歯がある。花期は8~10月。長さ20~30cmの細長い花穂をほぼ垂直に立て、白い小さな花をびっしりとつける。小さな花には花柄はない。 花が開くと花弁状の萼は落下し、花のように見えるのは雄しべである。 近縁種のサラシナショウマに比べて花の柄が短いので、花穂は細く見える。実は袋果。名は若葉を茹でて水に晒して食用にするサラシナショウマに似ていて異なるので「似て非なるもの」の「非(イナ)」から転訛してイヌショウマとなったよう。 京都府立植物園(2014/9/15)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック