なんてんはぎ(南天萩)

画像


ナンテンハギ(学名:Vicia unijuga)はマメ科ソラマメ属の多年草。草丈は30~100cm。原産地は日本、朝鮮、中国。北海道~九州の山野に生える。茎は直立し、稜がある。葉は2枚の小葉からなる羽状複葉で、互生。 小葉は長さ4~7cmの卵形をしており、縁に鋸歯はない。 葉には毛が生えている。葉柄はやや短く、基部には鋸歯のある托葉がある。花期は6~10月。葉の脇に長さ2~4cmの総状花序を出し、紅紫色または紫色をした細長い蝶形の花を多数つける。 花の色には白いものもあり、シロバナナンテンハギ(白花南天萩)という。長さ3cmくらいの豆果をつける、種子は3~7個。若い芽をアズキナ(小豆菜)と称し、おひたし、てんぷら、和え物などに用いる。名は、葉の形がナンテン(南天)に似ていて、花の形がハギ(萩)に似ていることからきている。別名フタバハギ(二葉萩)。京都府立植物園(2014/9/15)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック