よつばはぎ(四葉萩)

画像


ヨツバハギ(学名:Vicia nipponica)はマメ科ソラマメ属の多年草。草丈は30~60cm。原産地は日本、鮮半島、中国。北海道から九州の低山地や山麓の草地に生える。茎は硬くて細長く、直立または斜上する。葉は羽状複葉で、互生。1枚の葉は小葉2対から3対で構成される。葉軸の先は巻き鬚となることが多い。小葉は真ん中の幅が広い楕円形で、縁に鋸歯はない。花期は7~10月。葉の脇から総状花序を出し、紅紫色の蝶形の花をやや下向きにつける。花は長さが10~12mmくらいで、咲き進むと青みが増す。萼片は5枚。果実はさや果で、果長3.5~4cmの楕円形。絶滅寸前種。京都府立植物園(2014/9/15)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック