アノダ・クリスタータ(Anoda cristata)

画像


アノダ・クリスタータ(学名:Anoda cristata)はアオイ科ヤノネアオイ属(アノダ属)の多年草。草丈は60~120cm。原産地は北アメリカ、中央アメリカ。畑、道ばたに生育。茎は木質化し、粗い星状毛が生える。葉は三角状のほこ形で、互生。 葉の縁には鋸歯があり、両面に毛が生える。花期は6~11月。葉の脇に淡い紅紫色や白の5弁花を1つずつつける。 花径は1cmくらいである。花はつけ根のところで、5本の雄しべも合着して筒状になる。 萼片も5枚である。 花は一日花。果実は分果。別名ニシキアオイ(錦葵)、アノダ(Anoda)。英名は Spurred anoda。京都府立植物園(2014/9/15)。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック