こがねばな(黄金花)

画像


コガネバナ(学名:Scutellaria baicalensis)はシソ科タツナミソウ属の多年草。草丈は30~60cm。原産地は中国北部~シベリア。茎は直立するが、匍匐してよく増える。葉は披針形で、対生し、羽状の切れ込みがある。花期は7~10月。茎先に伸ばした穂状花序に紫色の小さな唇形花を咲かせる。花の後にできる実は分果。和名は根の断面が鮮やかな黄色をしているため。この根の部分が漢方薬の原料となる。別名コガネヤナギ(黄金柳)、スクテラリア(Scutellaria)、スクテラリア・バイカレンシス(Scutellaria baicalensis)。西宮市北山緑化植物園(2014/8/8)。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック