こにしきそう(小錦草)

画像


コニシキソウ(学名:Chamaesyce maculata、Euphorbia maculata)はトウダイグサ科ニシキソウ属の一年草。草丈は10~20cm。原産地は北アメリカ。道端や畑地、庭の隅などに生える帰化植物。茎は淡紅色で地面を這うように広がる。茎を切ると白い乳汁が出る。葉は対生し、長楕円形で長さ7~10mm、中心に暗紫色の斑紋がある。花期は6~9月。枝の上部の葉腋に汚淡紅紫色の杯状花序をつける。果実はさく果、直径約1.8mm、卵状球形。和名はよく似ているニシキソウ(錦草、学名:Chamaesyce humifusa)に比べて小さいことを意味している。宝塚逆瀬台(2014/8/11)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック